リズプラベールを正しく使って効果をあげろ!

リズプラベールは使用感をチェンジできる優れもの!効果的な使用タイミングと方法を紹介

リズプラベールの正しい使用タイミングと使用方法

 

使用タイミング

 

  • 朝・夜の1日2回。
  • 洗顔後すぐに使用。

 

夜使用の場合は入浴後入浴中に使用すると毛穴が開いて浸透率も良くなります。
まるでパックをしているようか効果が期待できます。

 

オールインワンのため基本は、洗顔後にリズプラベールエッセンシャルオイルを使用していただければ結構です。

 

ただし、口コミにもあったように、肌質によってはリズプラベールだけでは物足りないと感じることがあるかもしれません。

 

その場合は乳液やクリームと併用していただき問題ありませんが、使用順番に気をつけてください。

 

おすすめ順番は下記のとおり。
化粧水→美容液→乳液→リズプラベールエッセンシャルオイル→クリーム

 

使用方法

 

手順1

正しく洗顔します。
普段お使いの洗顔料で正しく洗顔します。
この際、手で刺激を与えるゴシゴシ洗いに注意してください。

 

手順2

洗顔後にリズプラベールを手のひらにとり、しばらく温めます。
少し温めるだけで浸透力を増すことができます。
量はサクランボ大です。

 

手順3

手のひらにとったリズプラベールをやさしく顔全体になじませます。
決して強くこすらず、手のひらで軽く顔全体を覆うようにして、成分を浸透させましょう。
べたつきがなくなるまでやさしくマッサージをして完了です。

 

保湿が気になる箇所があれば重ね塗りしましょう。
乾燥肌の人や冬場などは要注意ですね。

 

顔だけでなくボディにもヘアにも身体全身に使えるマルチユースなエッセンシャルオイルです。
その時々のあなたの肌に合わせて使い方は自由自在ですので、肌の調子に合わせていろんな使用を試みてください。

 

私はちょっと髪の毛で試してみたのですが、しっとりとうるおい感が出て満足できました。

 

オールインワンですので、他のスキンケアは不要です。
これまでのスキンケアのように何種類も塗り重ねる必要がなく、これ一本でお手入れが済んでしまうので、とても手軽で時短となります。
しかも簡単なのにお肌はしっとりとうるおいが長続きしますよ。

 

肌の状態で使用感をチェンジ

 

リズプラベールは水と反応(乳化)させ使用する新しいタイプのオールインワン化粧品です。
よく見ていると乳化すると白っぽくなりますよ。

 

その日の肌の状態で使用感をチェンジできるオイルなのです。

 

洗顔時の水の量でオイルの濃度が変わり、化粧水、乳液、美容液、クリームと変化します。
勿論、そのままオイルとして使用しても問題なし。
水の量で何通りにも変化します。
その日の肌の状態にあわせてお使い頂けます。
濃度を変えた状態での重ね塗りもOKです。

 

最初は水の量など慣れるまで戸惑うかも知れませんが、すぐ慣れます。
とにかくその日の肌の状態にあわせて使い分けましょう。

 

私など気分次第のところもありますが、肌の状態の調子は自分でてきめんに感じとれます。
肌の状態にあわせて使い分けるのも楽しいですよ。

 

リズプラベールの効果をUPさせる3つの方法

 

ツボ押し

 

定番の簡単にできるツボ押しですが、美肌効果があります。

 

肌の新陳代謝を高めて血行を良くしてくれます。
むくみ、シワ、たるみ等にも効果的です。

 

簡単で効果大です。
時間の余裕があれば毎日のスキンケアの最後に試してみて下さい。

 

迎香(げいこう)

ツボの場所:小鼻の両脇のくぼみ。
効果

  • 小じわや肌荒れ、シミ、吹き出物。
  • エイジングケアに効果的。

 

 

瞳子りょう(どうしりょう)

ツボの場所:目尻の約1cmほど外側のくぼみ。
効果

  • 目尻の小シワや目の周りのたるみ。

 

 

救後(きゅうご)

ツボの場所:目の下の骨の際、目尻から目頭に向けて1/4内側。
効果

  • 目尻の小ジワ。

 

 

四白(しはく)

ツボの場所:瞳の真下から1cm下にあるツボ。
効果

  • 顔全体のむくみ、シワ、くすみ。

 

 

地倉(ちそう)

ツボの場所:口角の外側。
効果

  • 気の巡りを良くする。
  • くすみやむくみ。

 

 

承漿(しょうしょう)

ツボの場所:下唇の真ん中の下側、くぼみがあるところの少し下。
効果

  • 肌の新陳代謝を高める。
  • 皮膚の乾燥やシワ・たるみ。

 

 

クレンジングを見直す

 

クレンジングの役割は、メイク汚れを落とし、スキンケアの浸透を良くする。

 

リズプラベールの効果が実感できないと思ったり、肌荒れを感じている人はクレンジングに難アリの可能性大。

 

使用方法に難アリのケース

 

正しくクレンジング剤を顔に広げていない

メイクが落ちておらず、毛穴の中に残っていると肌荒れの原因となります。

 

丁寧なクレンジングで必要な皮脂まで奪う

肌に必要な皮脂を奪ってしまうと肌荒れを起こしたり、乾燥肌になります。

 

メイクを落とす時に刺激を与えている

肌に刺激をあたえ、ダメージ肌にしてしまう。

 

使用クレンジングに難アリのケース

 

W洗顔しない

 

乾燥肌の人へのおすすめは、W洗顔不要の1本でクレンジングと洗顔ができるもの。
顔を洗う回数を減らすことで、皮脂が落ちる量を抑えます。
乾燥肌の人は要注意!

 

皮脂を落としすぎる強い界面活性剤は選ぶな

 

クレンジングにはメイクを落とすため、必ず入っている成分が界面活性剤。

 

高級アルコール系・石油系という種類の界面活性剤は要注意。
市販で安値のプチプラクレンジングにはよく使用されているので要チェック。

 

  • ラウレス硫酸〇〇
  • ラウリル硫酸〇〇 
  • 〇〇スルホン酸

 

この名前が入っていれば使用しないのがおすすめです。

 

保湿成分入りを使用

 

保湿成分でクレンジング後の乾燥を予防

 

おすすめの高保湿成分

 

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

 

クレンジングは界面活性剤で皮脂を落としがち。
だから保湿成分入りクレンジングで、肌にうるおいを与えましょう。

 

美顔器と併用する

 

毛穴・くすみ・シワ・たるみといったエイジングのスペシャルケアとして、美顔器をプラスするのは効果的。

 

あなたが美顔器を持っているなら、併用使用してみるのがおすすめです。

 

美顔器を使用すれば有効成分をより早く、より深く細胞へ届ける事が出来ます。
リズプラベールの効果をより一層実感することができるでしょう。

 

     今なら初回34%OFF  

部位別大人ニキビ


 

関連記事はこちら